BLOG ブログ

> ブログ

こんにちは!
1月30日に東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーの入園チケットの価格改定を発表しました。
また値上げか。。という残念な気持ちもありますが、今年は新エリアもオープンするため、人の集客を見込めるのか強気ですね。

4月1日から価格は変更となります。

新価格は、1デーパスポートが8,200円
現在が7,500円なので、700円の値上げとなります。

4歳から〜小学生の小人パスポートは価格が変わりません。
子連れの親子にとってはありがたいですね。

東京ディズニーリゾート®は、あらゆる世代の人々が一緒になって楽しむことができる“ファミリー・エンターテイメント”を目指しており、幼少期からご家族でご来園いただくことで、素敵な思い出を創っていただきたいと考えています。

なるほど!これこそが理想のディズニーって感じですよね。
みなが楽しめるパーク作りのために、ITの発達や利便性の向上を目指していて、そのための価格改定だそう。

価格まとめ

旧価格(3月31日まで)➡︎新価格(4月1日以降)

【1デイパスポート】
7,500円➡︎8,200円(700円UP)

【共通パーク年間パスポート】
91,000円➡︎99,000円(8,000円UP)

【スターライトパスポート】
5,500円➡︎6,000円(500円UP)

全体的に値上がりしていますね。。
年パスはかなり上がってる。。
…オリエンタル社はヲタを少なくしたいのでしょうか。

買うなら3月31日までに!

4月1日以降にパークに来る方も3月31日までに買っておくことをおすすめします!
お近くのディズニーストアや、コンビニ、ネットからも購入できますので、今年絶対に行く!!という方は買い置きしましょう。

障がいのある方向けのチケットを導入することも発表

ワンデーパスポート 大人 6,600円

これはかなりいい案ですね!
障がいのある方にとっても楽しめるパーク作りをしようとしている気持ちが出てると思います。

ファンタジースプリングスは2023年オープンに変更


こちらも残念なニュースです。
東京ディズニーシーに建設中の新エリア「ファンタジースプリングス」ですが、工事の関係で2022年オープンから2023年に変更となりました。
2023年は東京ディズニーランドが40周年を迎えます。
アニバーサリーイベントと同じ年に新エリアができるということで、かなり濃厚な一年になりそうですね!!
これからに期待です!!