BLOG ブログ

> ブログ

次世代写真SNSアプリ「Dispo(ディスポ)」というものをご存知でしょうか?
「Instagramの再発明」「次世代Instagram」として話題になっている写真SNSアプリです。
少し前に音声SNS「Clubhouse」の人気が急激に過熱しましたが、同じく“招待制”で注目を集めているサービスがこちらの「Dispo(ディスポ)」になります。
βテスト版が2月に配信され、現在は100万ダウンロードを超えるほどの人気が出ている次世代のアプリです。

Dispoとは簡単に説明すると

アプリ内でインスタントカメラ風の写真を撮ることができ、翌朝9時になるまでその写真を見られないことが特徴になります。
かつて現像→プリントの工程を経ないと写真が見られなかったフィルムカメラを思い起こさせる、時代に逆行したアイデアが話題になっています。

一見ただ不便なだけのように見える機能ですが、このアプリが生まれた理由がいいなと感じましたのでご紹介いたします。

このアプリは1,800万人のチャンネル登録者数誇る人気YouTuber、David・Doblik(デイヴイッド・ドブリック)さんによって生まれたアプリで、
彼はこのように考えていました。

「スマホのカメラで写真を撮るとき、多くの人は撮影してはチェックし、納得するまで撮り直す。必要であればフィルターをかけることもある。しかし、使い捨てカメラは撮影した写真をすぐには見られない。つまり、撮影が終わったらカメラを置いて、その場を楽しむしかない。作品は翌朝までお楽しみだ。」
この様に、その瞬間を撮影することがコンセプトなので、スマホに保存した画像を翌日になるまで共有することもできない。
Dispoで撮影した一瞬こそがかけがえのない時を写していると感じ、すごくいいなと感じました。

使い捨てカメラといえば、日本では「写ルンです」が有名です。
数年前から若い女性を中心に写ルンですが人気となっています。Instagramには「#写ルンです」「#写ルンですのある生活」といったハッシュタグ付き投稿が合わせて100万件以上投稿されています。フィルムカメラならではの味わいがエモいということと、シンプルな機能しかないということで人気が出ています。

Dispoの魅力は「友達とカメラロールを共有でき、リアクションを確認できる」

Dispoの面白い機能のひとつが「ロール」です。例えば「お気にいりカフェ」「夜の街」など、テーマごとにカメラロールを作り、写真を入れていくことができます。
親しい人だけのプライベートなロールや、公的に誰でも自由に参加できるロールなど、思い出をみんなで共有することができます。ロールの中で多くの写真をアップした人はランキングで表示されます。
また、友達と一緒に撮った写真を翌朝9時に離れた場所で同時に確認しリアクションし合うといった使い方が想定され、これまでにない新鮮さからSNS上でも「ワクワクする」といった声が多数見られました。

まとめ

Dispoは「映え」や「他人からの評価」を気にするのではなく「今を楽しむこと」を目的に開発されたアプリです。
「上手く撮影しよう」「綺麗に撮影しよう」という概念ではなく、その瞬間をまったりと楽しめることが次世代写真SNSとしてZ世代を中心に受け入れられているようです。
現在ではアップデートされ招待がなくても使える様になっています。懐かしい体験をできるDispo、今後どのように成長していくのか、「clubhouse」同様、注目の新世代SNSアプリだったのでご紹介いたしました。