『ぷよぷよプログラミング』馴染みのあるゲームを無料で実際に作成できる楽しいサービス

今回私が気になったことは「ぷよぷよプログラミング」というプログラミング学習サービスです。
みなさん「ぷよぷよ」というゲームはご存知でしょうか。
「対戦アクションパズルゲーム」というジャンルに属するゲームで、
上から落ちてくる「ぷよ」という物体を4つ以上同じ色でくっつけて消し、得点を競うというゲームです。

「ぷよぷよプログラミング」とは、その名の通りぷよぷよのソースコードを使って楽しくプログラミングを学べるというサービスで、
2020年6月26日から開始されました。

パズルゲームであるぷよぷよのソースコードを使ってプログラミングを学べるサービスということで、ネット上でも話題を集めています
また本サービスは、システム会社のアシアルという会社とセガが提携して開発したもので、dynabookもスポンサーとして入っているため、クオリティも高いのではないかと考えられます。

私も「ぷよぷよ」が作れるということで、気になったので実際に触ってみました。

ぷよぷよプログラミングに必要な準備は3つだけです。

  • ・パソコン
  • ・ネット環境
  • ・メールアドレス

ネット環境はクローム推奨でIEは使用できないので注意が必要です。
こちらはお金はかからず、無料で楽しむことができます。

ぷよぷよプログラミングの学習内容としては、ぷよを操作するプログラミングを書きます

用意されたテキスト素材を一字一句間違えないように写経していくという作業で、
今回発表された教材では、HTML5やJavaScriptを用いて開発をします。
開発環境の用意は不要で、ブラウザ上で体験することが可能なので、エディターなどもいりません。

ぷよぷよプログラミングの難易度は3段階から選べます

初級コース(28行)、中級コース(95行)、上級コース(1015行)があり、プログラミングが苦手人でも初級コースなら28行のプログラミングから学習できるので、取り組みやすいです。

ぷよぷよプログラミングのはじめ方ですが、とても簡単です

まず、公式サイトにアクセスし、Monaca Educationというサービスにサインインする必要があります。
メールアドレスを登録し、会員登録をします。
会員登録が完了した後に、公式サイトから初級コースなどの好きなコースを選んでインポートするだけです。

操作方法

操作方法ですが、
公式サイトに参考にするソースコード一式とぷよぷよプログラミングの小冊子があるので、そちらをダウンロードします。
この小冊子には開発画面の使い方や学習工程がまとめられているので、これに従って学習を進めていけば誰でも「ぷよぷよ」を作ることができます。

「ぷよが上から落ちてこない」という状態からスタートして、よく知られているような横移動や回転といったぷよぷよの動きが操作出来るようになるところがゴールです。
コードを書き間違えたりしてエラーがある場合は、間違えた行に赤線が入るので、どこを間違えたのかすぐに分かり、ストレスなく作業できます。

ぷよぷよプログラミングで学ぶメリット

ポイント

  • コーディングのルールを知り、プログラミングに慣れる
  • 小さなミスを、自分で直す力がつく
  • 完成させたという自身になる

まとめ

実際に「ぷよぷよプログラミング」をやってみると、プログラミング初心者でもとにかくソースコードを書き写すだけで「ぷよぷよを自分の手で完成させる」ことができるため、短時間で成功体験を味わうことができるというのが最大のポイントと感じました。
さらにコードの書き写し作業を通して小さなミスを自分で発見するというプログラミングにとって必須のスキルを磨くことにもつながるのでそこも良い点だと思いました。
上級者向けのサービスではなく、あくまでもプログラミング初心者むけのサービスですが、馴染みのあるゲームを実際に作成できるという喜びを体験できたことが新鮮でよかったです

ゲーム感覚で学習できて、無料で楽しめるサービスとなっていましたので、ぜひ興味のある方は試してみてください。