【映画感想】『プラダを着た悪魔』仕事をする人はカッコいい!明日の活力になる元気をもらえる映画

こんにちは!
今回ご紹介する映画は『プラダを着た悪魔』です。
こちらの映画紹介するまでもなく誰もが知っていほどの有名な映画です。

2006年にアカデミー賞受賞女優メリル・ストリープとアン・ハサウェイのダブル主演の豪華キャストの本作は10年以上たった今でも人気があります。
どうしてこの映画はここまで愛されているのか。

それはおしゃれな映画かつ、誰もが元気と勇気をもらえる映画だからでした。

まだ見たことのない方にはぜひおすすめしたい映画になります。
今回は『プラダを着た悪魔』の魅力を少しでも伝えたれたら幸いです。

『プラダを着た悪魔』作品概要

あらすじ

名門ブラウン大学(映画版ではノースウェスタン大学)を卒業し、ジャーナリストを目指すために田舎からニューヨークへとやってきたアンドレア・サックスは、なぜか幸運にも何百万の女性の憧れとする仕事、ファッション雑誌『ランウェイ』の編集部へと就職した。しかもその編集長で、ファッション業界に対し絶大な影響力を誇る、ミランダ・プリーストリーのアシスタント職である。だが、ミランダは自分の身の回りの世話を、アシスタントに押し付けるなどの横暴を発揮する最悪の上司であり、今までに何人もがこの仕事を辞めていたのであった。ファッションには何の興味もなかった彼女であるが、本来の目的である文芸誌での仕事への足がかりとして、彼女の悪魔のような要求に耐えていく。その中でファッションとアシスタントの仕事の面白さに目覚めていく。

キャスト・スタッフ

キャスト

ミランダ・プリーストリー:メリル・ストリープ
アンドレア・サックス:アン・ハサウェイ
エミリー・チャールトン:エミリー・ブラント
ナイジェル:スタンリー・トゥッチ
ネイト:エイドリアン・グレニアー
クリスチャン・トンプソン:サイモン・ベイカー
リリー:トレイシー・トムズ
ダグ:リッチ・ソマー

スタッフ

監督:デヴィッド・フランケル
製作:ウェンディ・フェネルマン
製作総指揮:カレン・ローゼンフェルト、ジョー・カラッシオロ・ジュニア
脚本:アライン・ブロッシュ・マッケンナ
撮影:フロリアン・バルハウス
編集:マーク・リヴォルシー
美術:リリー・キルヴァート
衣装デザイン:ジョセフ・G・オーリシ

元気が出るサプリ映画

世の女性が憧れるファッションの世界。
圧倒的に女性支持が高い映画で、見た方も多いのではないでしょうか。

男の僕がこの映画を好きな理由は、仕事に対してのやる気と、モチベーションを上げてくれるからです。

トップファッション雑誌の世界はとても厳しく、プロの中のプロが集まった集団が、日々斬新なアイデアを出し合っています。
ジャンルが違いますが、僕自身もデザインに関わっているため、プロの厳しさや、着眼点など、参考になります。

ここが気になる

  • ファッションデザイン
  • ランウェイで斬新な服ばかりが並ぶ理由

ファッションデザイン

この映画で使用される衣装はどれもハイブランドです。
プラダにGUCCI、VUITTON。
その合計金額は1億を超えるそう。

アン・ハサウェイの衣装のチェンジに注目!

最初はダサい服装だったが、環境の変化により、服装が大胆に変化。
周りも驚くほどの変貌に、彼女の評価は上がります。

アン・ハサウェイは元々美人ですが、服装がお洒落になることで、より外見の良さが目立ち、惚れ惚れします。

なるほどポイント低評価から始まる場合は、少しの努力で周りが認めてくれ、評価が上がるということが分かります。

ランウェイで斬新な服ばかりが並ぶ理由

みなさんはランウェイの映像や写真は見たことありますか?
スラっと痩せたモデルさんが、かなり斬新な服ばかりを着て歩く。

僕はこの斬新な服の意味が全然分かりませんでした。
この様な服を着て街を歩く人も見たことがありませんし、何の意味を持っているのかさっぱりでした。

では、なぜランウェイが世界から注目されているか。

それはファッションの流行を作るためです。

世界中のデザイナーが新しい流行を作るため、革命を起こすために作られたものが、お披露目される場所となります。
そしてその流行がカジュアルファッションの中に取り入れられ、私たちの服にも反映されていくのです。

上流から下流まで流れる様子に、納得しました。

webデザインの世界でも同じように流行があります。
1年ごとにサイトのデザインや、今年の色があり、その流行を参考にしつつ、ワンポイントで入れたりします。

流行が絶対というわけではなく、意図に背かないデザインをするというのが重要ですので、そこは忘れないようにしたいですね!

まとめ

仕事に悩んでる人、元気をもらいたい人、デザイン関係の仕事をしている人。
社会に出て仕事の辛さを経験している人には元気をもらえると思います。

仕事ができない主人公が必死に努力して成長する姿に、感化され明日の活力になること間違いなしです。

『プラダを着た悪魔』を無料で見る

月額料金(税別) コンテンツ数 無料お試し期間
Hulu 933円 6万本以上 14日間
Netflix 800円/1200円/1800円 非公開 31日間
U-NEXT 1990円 14万本以上 31日間
Amazonプライムビデオ 500円(年会員だと月額実質408円) 3万本以上 30日間

動画配信サービスでお得に映画を見るには

無料体験で映画をたくさん見よう!!!

動画配信サービスは今ではたくさんの種類があります。
サブスク文化が広まった中、きっとどれか一つは使用しているという方も多いことでしょう。
でも、種類が多いからこそ企業同士が競争するために様々なお得なサービスを追加しています。

タダで映画、ドラマ、アニメが見られる”無料体験”をしないのはもったいないです!

おすすめの配信サービス

U-NEXT

映像コンテンツ数でおそらく国内最多の14万本以上

定額料金内で毎月付与される1200ポイント(1ポイント=1円分)で最新映画の視聴ができる

Amazonプライムビデオ

月額500円でプライム会員特典が使い放題(映画、音楽、本、その他)圧倒的コスパの良さ!!

おすすめ記事

『YESTADAY』ビートルズが消えてしまった世界で、唯一知る存在となった1人の物語もしこの世界にビートルズが存在していなかったらどうなるでしょうか。 また、今当たり前の物が無くなった世界で自分だけがその存在を記憶していたら。「アバウト・タイム」で有名なリチャード・カーティスが脚本でお届けする少し不思議で爽やかな音楽映画『YESTADAY』をご紹介いたします。

【映画】『イエスマン “YES”は人生のパスワード』から学ぶポジティブな生き方主演はジム・キャリー、ヒロインはズーイー・デシャネル。とにかく明るくて、元気、勇気、生きる希望を与えてくれるポジティブ120%映画です!そんな「イエスマン」から学べることについてご紹介します!