【映画感想】『YESTADAY』ビートルズが消えてしまった世界で、唯一知る存在となった1人の物語

こんにちは。
皆さんはビートルズというイギリスのバンドを知っていますか?
そう聞くと「当たり前だろ!」という声が聞こえてきます。
誰しもが一度は聞いたことのある名曲ばかりで生活の中にビートルズが溶け込んでいます。

でももしこの世界にビートルズが存在していなかったらどうなるでしょうか。
また、今当たり前の物が無くなった世界で自分だけがその存在を記憶していたら。
そんな星新一のショートショートのようなSFチックな物語が好きな方におすすめの映画がこちら。

『YESTADAY』

ビートルズの「Yestaday」からタイトルがきています。
主人公の心境や停電からの人生の転機を上手く表しているタイトルになっています。

「アバウト・タイム」で有名なリチャード・カーティスが脚本でお届けする少し不思議で爽やかな音楽映画『YESTADAY』をご紹介いたします。

『YESTADAY』作品概要

あらすじ

売れないシンガーソングライターのジャックが
音楽で有名になるという夢をあきらめた日、
12秒間、世界規模で謎の大停電が発生─。
真っ暗闇の中、交通事故に遭ったジャックが、昏睡状態から目を覚ますと…
あのビートルズが世の中に存在していない!
世界中で彼らを知っているのはジャックひとりだけ!?
ジャックがビートルズの曲を歌うとライブは大盛況、
SNSで大反響、マスコミも大注目!
すると、その曲に魅了された超人気ミュージシャン、エド・シーランが
突然やって来て、彼のツアーのオープニングアクトを任されることに。
エドも嫉妬するほどのパフォーマンスを披露すると、
ついにメジャーデビューのオファーが舞い込んでくる。
思いがけず夢を叶えたかに見えたジャックだったが─。

キャスト・スタッフ

キャスト

ジャック・マリク:ヒメーシュ・パテル
エリー・アップルトン:リリー・ジェームズ
ロッキー:ジョエル・フライ
エド・シーラン(本人役):エド・シーラン
デブラ・ハマー:ケイト・マッキノン

スタッフ

監督:ダニー・ボイル
製作:ティム・ビーバン、エリック・フェルナー、マシュー・ジェームズ・ウィルキンソン、バーナード・ベリュー、リチャード・カーティス、ダニー・ボイル
製作総指揮:ニック・エンジェル リー・ブレイジャー ライザ・チェイシン
原案:ジャック・バース リチャード・カーティス
脚本:リチャード・カーティス
撮影:クリストファー・ロス
美術:パトリック・ロルフ
衣装:ライザ・ブレイシー
編集:ジョン・ハリス
音楽:ダニエル・ペンバートン

ビートルズの名曲の数々の良さを再発見

この映画はビートルズを中心に物語は進みます。
ビートルズって何?という人にとっては少し良さは伝わらないのかもしれません。

でも大丈夫!!

ビートルズという名前を知っていれば楽しめる作品になっています。
名曲の数々が劇中で流れます。
「ボヘミアン・ラプソディ」のようにクイーンを知らない人でも楽曲の良さが伝わったように、『YESTADAY』でもビートルズの楽曲の良さが伝わります。
きっと映画を見終わった後に「Lst it be」や「help」などを聴きたくなること間違いなしです!

脚本が面白い!

僕はビートルズの大ファンではなく、にわか程度です。
この映画を知ったきっかけはリチャード・カーティスという脚本家が脚本ということで知りました。
このリチャード・カーティスは「アバウト・タイム」という作品を手がけており、この映画もなかなか斬新なストーリーでした。
簡単に説明すると“主人公が過去にタイムスリップできる能力を持っていて、家族や恋人との人生を良くしようとする物語”です。

このように日常生活に少しのSF要素を取り込んだ作品が個人的に好きで、「アバウト・タイム」は見終わったあとに清々しくなれた映画でした。
『YESTADAY』も見終わったあとに同じく、それ以上に清々しい気分になれる映画で、もう一度見たくなる映画でした。

主人公は”名声、地位、大金”or”好きな人” どちらを選択するのか

主人公は全く売れないミュージシャンでしたが、大停電のおかげで一躍大スターに駆け上がります。
地位も名声も、大金も手にして世界的ミュージシャンになる夢を叶えます。
しかし、その反面好きな人とは遠距離になってしまい会えなくなる。

夢も好きな人も掛け替えのない大切なものですが、主人公はどちらを選択するのでしょうか。

あなたはもし主人公の立場ならどちらを選びますか?
そんな結末を考え、見終わった後に自分だったらどうするかなって考えるの楽しいです!

リリー・ジェームズの違った一面

ヒロインはディズニー映画「実写版 シンデレラ」で有名になったリリー・ジェームズです。

僕もシンデレラでリリー・ジェームズの美しさを知り、虜になった1人ですが、『YESTADAY』のヒロインではまた違った一面を見せます。
勝手に金髪のイメージがあったので、地毛が茶髪だということも初知りでした。
最初はリリーって気づかなかった。。
キュートな髪型や衣装にも注目です!!

まとめ

偉大なバンド、ビートルズがいなくなった世界を舞台に、主人公の夢の成功、好きな人との結末。
すこし不思議な物語ですが、見終わったあとに清々しく終われる映画でした。
ビートルズ世代の方にもそうでない方にも楽しめる作品です。
以上『YESTADAY』をご紹介いたしました。

『YESTADAY』を動画配信サービスで見るには

月額料金(税別) コンテンツ数 無料お試し期間
Hulu 933円 6万本以上 14日間
Netflix 800円/1200円/1800円 非公開 31日間
U-NEXT 1990円 14万本以上 31日間
Amazonプライムビデオ 500円(年会員だと月額実質408円) 3万本以上 30日間

動画配信サービスでお得に映画を見るには

無料体験で映画をたくさん見よう!!!

動画配信サービスは今ではたくさんの種類があります。
サブスク文化が広まった中、きっとどれか一つは使用しているという方も多いことでしょう。
でも、種類が多いからこそ企業同士が競争するために様々なお得なサービスを追加しています。

タダで映画、ドラマ、アニメが見られる”無料体験”をしないのはもったいないです!

おすすめの配信サービス

U-NEXT

映像コンテンツ数でおそらく国内最多の14万本以上

定額料金内で毎月付与される1200ポイント(1ポイント=1円分)で最新映画の視聴ができる。

『YESTADAY』も無料で見ることができます!!