【Photoshop】指定した色域のみを補正する方法について!暗く写った空で実践してみた

こんにちは、WEBデザイナーのこたです。

今回はPhotoshopの写真補正についてです。

指定した色域のみを補正するのですが、補正については様々な方法があります。
まず、パスで選択してマスクする方法や、クイック選択ツールなどがありますが、意外と選択に時間がかかってしまう。
そう感じたことはありませんでしょうか。

複雑な選択をするには上記の方法は有効ですが、そうでない場合できるだけ時間を短縮して作業したいですよね。

その場合に使用するのが、「色域指定」です。
特定の色や、単色の色の背景などは、「色域指定」の機能を使うと細かく選択範囲を作成することができます

今回は「色域指定」を使って「暗く写ってしまった空」を明るく補正かつ色の変更などの方法についてご紹介します。

作業手順

(1)Photoshopで補正する写真を開きます

(2)色域を指定した選択範囲を作成する

色域指定を開きます

・手順
【選択範囲】→【色域指定】

今回は空を明るくしたいので空の部分をくクリックします。

指定したい色の上でクリックして選択します。

広範囲で選択したい場合は「alt」を押しながら選択することで複数の箇所を選択できます。

選択完了はこんな感じ
ざっくりとクイック選択されています。

(3)色相・彩度・明度を調整

色相・彩度を選択します。

・手順
【色調補正】→【色相・彩度】

(4)全体の明さを明るくします

明るさ・コントラストを選択します。

・手順
【色調補正】→【明るさ・コントラスト】

程よい感じで調整。

完成!!

簡単なのでみなさんもぜひお試しください。

おすすめ記事

【Illustrator】先端が細くなる波線の作り方!Photoshopよりイラレが簡単今回は先端が細くなる波線の作り方についてご紹介します。バナーの作成で結構使用するにもかかわらず意外とすんなり作成できず、てこずりました。なぜならPhotoshopで先端が細くなる波線を作成しようとしていたからです。しかしIllustratorならもっと簡単な作り方がありましたので、ご紹介いたします。

【Illustrator】ギザギザな円の作り方は憶えておこう!バナー作成で結構使う!作業していて気づいたのですが、”ギザギザの丸”をよく使うということに気付きました。結構初心者向けですが、日頃から実際に作成していないと忘れてしまいます。憶えておくと絶対に役に立つと思いますので、この機会に見直してみましょう!!